FRAGRANCE JOURNAL 2023/8月号

No.518(Vol.51/No.8)

【特集】化粧品とデザイン

化粧品のデザインは、魅力を引き立てる重要な要素であり、ブランドの魅力を高め、競争力を向上させるために欠かせない。パッケージの滑らかな質感や曲線、モチーフなどは手に取った時に高揚感をもたらし、開けると香りや色彩が目に飛び込んできて元気と自信を与えてくれる。化粧品のフォルム、色、香り、光沢、ブランドイメージなどを反映させたパッケージと容器は、消費者に商品の特徴や価値を印象付ける役割を果たす。今回の特集では化粧品におけるデザイン面での取り組みついてまとめてもらっています。

●アイトラッカー & NeuroAI®を活用した化粧品販促物のデザイン評価
 …マンダム 先端技術研究所 木崎 淳,マンダム ブランドマーケティング二部 上田 茜
●化粧品容器におけるPremiumとSustainabilityの共生
 …資生堂 ブランド価値開発研究所R&Dサステナビリティ&コミュニケーション部サステナ開発推進室循環型モデル推進・ガバナンスG 武井和枝・伊藤健司
●ロングセラー商品のリニューアルから考察するパッケージデザインの今
 …コーセー 商品デザイン部デザイン室 石井敢歩
●消費者を捉える「良いパッケージデザイン」に必要なこと
 …T3デザイン 長濱 結
●包装を超えてプロダクトとして捉えるパッケージデザイン
 …アイディーネット/日本パッケージデザイン協会 福本佐登美

〔最新研究〕
〇光老化への新しいアプローチ:皮膚微生物叢に対する光保護作用-広がるスキンケアの可能性
 …Research & Development & Innovation, Vytrus Biotech S.A. Ò. Expósito・M. Buchholz・A. Guirado・A. Gallego・M. Mas・P. Riera・D. Luna・S. Laplana・T. Ruiz・S. Ruiz・M. Gibert・M. Molné,山川貿易 開発部 河合美保(訳)

〔翻訳〕
〇毛髪や皮膚に最適な植物オイルを選ぶ
 …The Procter & Gamble Co., Mason, Business Center Jennifer M. Marsh・Sonja Knowles,Royal Botanic Gardens, Kew Monique S.J. Simmonds

〔日々粧進〕
〇記憶から生まれた匂いの仕事
 …玄川リサーチ 代表 羽田三奈子

〔Topics〕
〇第22回 研究ミーティング(MTG)を開催(ファンケル)
〇真皮線維芽細胞の研究成果を発表(ポーラ)
〇第27回 化粧品原料基礎セミナーを開催(マツモト交商)
〇「皮膚の健康科学セミナー」開催(コーセーコスメトロジー研究財団)
〇第1回 定時総会開催(日本化粧品工業会)

〔新原料〕
〇重力による負荷に対抗する強力なフェイシャル・リフティング「GravitylTM(グラヴィティル)」(ジボダン ジャパン)

〔学会報告〕
〇第48回 日本香粧品学会

〔連載〕
〇アジアの化粧品行政の潮流(3):NMPA化粧品申請“問合わせランキング”と“NG事例集”
 …ワールドワイド・アイピー・コンサルティングジャパン コンサルタント 森 春奈
〇Catch the Wind-業界の機転と基点(18):美容成分大全を出版
 …ビューティサイエンティスト 岡部美代治
〇ジャパンレポートダイジェスト(1):エシカル訴求が急増 日本で受け入れられるBPC容器・パッケージとは

〔Information〕
〇公益社団法人国際化粧療法協会 内閣府公益認定3周年記念・説明会開催(国際化粧療法協会)
〇令和5年度 秋季セミナー開催(ハイブリッド方式)(日本毛髪科学協会)

関連記事

  1. FRAGRANCE JOURNAL 2021/9月号

  2. FRAGRANCE JOURNAL 2002/3月号

  3. FRAGRANCE JOURNAL 2004/9月号

  4. FRAGRANCE JOURNAL 2011/8月号

  5. FRAGRANCE JOURNAL 2018/6月号

  6. FRAGRANCE JOURNAL 2008/10月号