FRAGRANCE JOURNAL 2023/7月号

No.517(Vol.51/No.7)

特集】化粧品の安全性評価

化粧品・医薬部外品の安全性を担保するための評価法は日々研究が重ねられています。動物実験による評価が禁止されている化粧品・医薬部外品のカテゴリーでは、それに代わる様々な評価法が試みられ、実用化されてきています。今回の特集では化粧品・医薬部外品の安全性評価の現状と最新研究についてまとめてもらいました。

●化粧品・医薬部外品の安全性評価代替法の現状と将来
 …国立医薬品食品衛生研究所 安全性予測評価部第二室(日本動物実験代替法評価センター) 足利太可雄
●皮膚感作性強度の予測に向けた機械学習によるin silicoアプローチ
 …名古屋市立大学大学院 薬学研究科レギュラトリーサイエンス分野 安部賀央里
●ゼブラフィッシュを用いた化粧品の安全性評価の現状と課題
 …三重大学大学院 医学系研究科統合薬理学 西村有平
●香粧品ナノマテリアルの安全性評価―獲得免疫系を介したハザード解析とその機序解明
 …大阪大学大学院 薬学研究科 東阪和馬・芳賀優弥・堤 康央
●化粧品OEM/ODMにおける代替法活用の現状と課題
 …日本コルマー 研究開発本部スキンリサーチセンター 西浦英樹

〔最新研究〕
〇竹幹の水蒸気蒸留物のチロシナーゼ阻害活性物質とその化粧品原料への利用
 …近畿大学 農学部 森本正則,ヒューマンリソースコミュニケーションズ 正信美奈・春日郁代,近畿大学 農学部/ヒューマンリソースコミュニケーションズ 駒井功一郎

〔翻訳〕
〇頭皮の微生物叢を修復し,フケを軽減 マルチターゲットデリバリーシステム
 …Bicosome SL L. Rubio・G. Rodriguez・L. Barbosa-Barros,IQAC-CSIC O. Lopez

〔日々粧進〕
〇高校生と作った福知山キキョウブランド
 …Mind Leaf 代表取締役/Lifexia 代表取締役 飯渕弘成

〔新製品〕
〇化合物の安全性評価とリスク評価のための統合プラットフォーム「ChemTunes・ToxGPS」(モルシス)

〔新原料〕
〇話題の原料バクチオールをカプセル化したDDS「SMART LIPIDS BAKUCHIOL(スマート・リピッズ・バクチオール)」(ベルグ・シュミッド/木村産業)

〔新機器〕
〇皮膚マルチパラメーター計測機器「DermaLab Combo 4」(ヤヨイ)

〔Topics〕
〇第25回 総会・講演会を開催(日本輸入化粧品協会)
〇第13回 定時総会及び第73回 全国セミナー開催(日本毛髪科学協会)
〇Givaudan Active Beauty カスタマーセミナーを開催(マツモト交商)

〔学会報告〕
第122回 日本皮膚科学会総会

〔連載〕
〇中国市場に挑む(71):「新原料」の商機,勝機
 …日中化粧品国際交流協会 理事長 楊 建中
〇アジアの化粧品行政の潮流(2):中国NMPA許可取得後も油断できない監督管理
 …ワールドワイド・アイピー・コンサルティングジャパン シニアコンサルタント 花田舞佳

関連記事

  1. FRAGRANCE JOURNAL 2014/3月号

  2. FRAGRANCE JOURNAL 1999/7月号

  3. FRAGRANCE JOURNAL 2014/11月号

  4. FRAGRANCE JOURNAL 2018/5月号

  5. FRAGRANCE JOURNAL 2022/3月号

  6. FRAGRANCE JOURNAL 2003/8月号