FRAGRANCE JOURNAL 2023/3月号

No.513(Vol.51/No.3)

【特集】化粧品の新原料と化粧品原料の新たな機能(1)

5/17(水)~19(金)には第11回産業技術展(CITE JAPAN 2023)の開催が控えており、出展を予定している原料メーカー、ディーラー各社は、取り扱いの原料やサービスを紹介すべく準備されているところかと思います。CITE JAPANに先立ち本号では各社がブースでのアピールをすべく準備している新原料と化粧品原料の新たな機能についてまとめて紹介します。

●頭皮の炎症(赤み),痒み及び乾燥に対する2-O-グリセリル-3-O-オクチルアスコルビン酸(GO-VC)の作用
 …アイ・ティー・オー 永田 武・押田 唯,西宮渡辺脳卒中・心臓リハビリテーション病院 形成外科・美容医療センター 皐月玲子,慶應義塾大学 医学部形成外科学教室 貴志和生
●耐水性とSPFブースト効果のある,自然由来かつ生分解性のフィルムフォーマー
 …Ashland Specialty Ingredients Donald Prettypaul・Diane Kennedy・Anthony Adamo・Hani Fares,アシュランド・ジャパン 化粧品原料事業部 森田裕子
●アップサイクル・植物代替・Wellbeing といった世界のトレンド関連原料たち
 …エイチ・ホルスタイン 井川恵介
●アップサイクル原料を独自精製したトマト種子油の特性
 …クローダジャパン 滋賀事業所 北村弘行・岡本有香里・野田美恵
●フリーズドライ果実パウダーによる新発想の内外ケア原料
 …高研 鈴木杏梨・田中紗智・齋藤 舞
●天然由来のポリグリセリンを主骨格とした新規オイル増粘ゲル化剤の機能と応用
 …阪本薬品工業 豊島亮祐・奥田知穂・村島健司
●オートファジーに着目した抗老化原料の開発-亜麻の花スウェルチシンによる皮膚再生を目指して
 …サティス製薬 郡司幸恵・望月慶太・森 亮太・柚木恵太・岩井一郎
●ホホバ油の効能と,超音波キャビテーションプロセスを用いたエマルション原料
 …島貿易 化粧品営業部コスメティックス・ラボ 原 一茂
●新タイプのタマリンドガムによる保湿機能とその応用例
 …住友ファーマフード&ケミカル 北條沙苗・本猪木太朗
●素肌感とカバー力を両立する新規白色無機顔料
 …チタン工業 研究開発部 下村直敬・三野 航・灘 ちひろ
●植物微生物のスキンケア研究─ササユリ花酵母エキスの抗老化効果
 …テクノーブル 岩野英生・愛水哲史,奈良県産業振興総合センター 都築正男
●ポリエチレンイミンの化粧品素材としての機能
 …日本触媒 鳥羽悠子
●「自然由来指数100%」肌への浸透感を演出する生分解性揮発油剤
 …日油 油化学研究所 永山恵美・関口孝治
●サトウキビ由来イヌリンの有用性
 …日本精化 香粧品事業本部香粧品研究開発部 岩﨑和弘・安藤卓弥・勝間田祐貴
●ソフトフォーカス効果で肌を魅せる板状粒子-リン酸チタン
 …フジミインコーポレーテッド 川村真弓・早川隆志・小早川大樹・井上陽一
●新化粧品原料イノシトールオリゴ糖でポストコロナの時代を生き抜く
 …レゾナック 佐伯夕子・大竹範子・加藤詠子

〔日々粧進〕
〇世界へ宇宙へ、美容革命家の挑戦
 …MARVELOUS 代表取締役 志水洸一

〔翻訳〕
〇DNAメタバーコーディングで天然物のトレーサビリティを追跡―野生オニナベナの事例
 …DNA Gensee Nelly Dubrulle・Florian Philippe・Nicole Giraud,Sederma Lucie Bonnet・Nicolas

Barriére・Frederic De-Baene・Alex Saunois,Laboratories Clarins Sandrine Weber

〔連載〕
〇中国市場に挑む(69):冬の終わり,春の訪れ
 …日中化粧品国際交流協会 理事長 楊 建中

〔Topics〕
〇「春風の集い」を開催(化粧品原料協会)
〇第13回 毛髪科学研究発表会開催(毛髪科学技術者協会)

関連記事

  1. FRAGRANCE JOURNAL 2011/2月号

  2. FRAGRANCE JOURNAL 2016/2月号

  3. FRAGRANCE JOURNAL 2000/7月号

  4. FRAGRANCE JOURNAL 2005/11月号

  5. FRAGRANCE JOURNAL 2007/6月号

  6. FRAGRANCE JOURNAL 1998/11月号