FRAGRANCE JOURNAL 2023/2月号

No.512(Vol.51/No.2)

【特集】接触皮膚炎を知る

今回の特集では、接触皮膚炎を取り上げた。生きていくために、石けんやシャンプーで髪や肌を整え、様々な繊維でできた服を身に着ける。デジタルやヴァーチャルリアリティなどの新たな世界で、直接移動したり、触れたりする機会が今後減る可能性もあるとはいえ、触れるという行為自体は少なくなったとしても、なくなりはしないだろう。人間として存在する限り、体の一部が常に何かに触れている。触れるということは生きること。接触皮膚炎を知るということは、安全に・健康的に生きていくことと考える。

●接触皮膚炎とはなにか? 最新情報と課題
 …藤田医科大学 医学部アレルギー疾患対策医療学 松永佳世子
●香粧品による接触皮膚炎を診断するために知っておく知識-接触皮膚炎の分類,皮膚テスト,診断
 …ながたクリニック 伊藤明子
●よくみる接触皮膚炎の原因と症状-Japanese baseline seriesでわかるアレルギー性接触皮膚炎
 …第一クリニック 皮膚科・アレルギー科 杉浦真理子・杉浦啓二
●よく見る接触皮膚炎の原因と症状-Japanese baseline seriesではわからないアレルギー性接触皮膚炎
 …はなみずきクリニック 飯島茂子
●ライフスタイルの変化に伴う新たな接触皮膚炎
 …藤田医科大学ばんたね病院総合 アレルギー科 鈴木加余子
〔コラム〕
●SSCI-Netの果たす役割 市販後情報を製品開発に活用するには
 …SSCI-Net 事務局長 杉山真理子

〔最新研究〕
〇野生マルラ種子醗酵オイルの抗炎症と保湿に関する効果
 …エル・ビー・エイチ マイクロバイオームテクノロジー事業部 Celine Kloz・岩田有世,ヴァーチェ 藤原友香
〇正常ヒト表皮角化細胞に及ぼすプラセンタ脂質液Pの作用
 …スノーデン 薬品研究室 大郷由貴・手計雅彦

〔日々粧進〕
〇コスメクレヨンという解
 …FEEL GOOD SOCIAL BUSINESS COMPANY 代表 坂口 翠

〔翻訳〕
〇ジャスミンは、触覚受容体を介して心と肌を健康にする
 … Global Skin Research Center,Ashland Yolene Ferreira・Florian Labarrade・Justine Cotton・Isabelle Imbert, Ph.D.

〔Topics〕
〇細胞分裂方向と長寿遺伝子に着目 シミ研究の最新研究技術を発表(ファンケル)

〔新原料〕
〇クリア処方を可能にする自然由来・生分解性のヘアスタイリングポリマー
「MaizeCareTM Clarity Polymer」 (ダウ・ケミカル日本/ダウ・東レ)

〔学会報告〕
〇第89回 SCCJ研究討論会

〔連載〕
〇Catch the Wind-業界の機転と基点(16):敏感肌と敏感肌用化粧品
 …ビューティサイエンティスト 岡部美代治

〔Information〕
〇春の会員研修会開催 (日本産業皮膚衛生協会)

関連記事

  1. FRAGRANCE JOURNAL 2010/5月号

  2. FRAGRANCE JOURNAL 2020/12月号

  3. FRAGRANCE JOURNAL 2021/4月号

  4. FRAGRANCE JOURNAL 2002/3月号

  5. FRAGRANCE JOURNAL 2013/2月号

  6. FRAGRANCE JOURNAL 2012/5月号