FRAGRANCE JOURNAL 2023/12月号

No.522(Vol.51/No.12)

【特集】化粧品業界最新研究(2)

フレグランスジャーナルの最終号となります。
前号に続き化粧品業界の研究者による最新の研究を紹介します。
紙版は12月15日(金)に販売終了を予定しています。
紙版を入手されたい方は早めの予約注文をお願いします。
50年間ご購読いただきありがとうございました。

●宇宙時代の到来を見据えた化粧品研究
 …ポーラ化成工業 内容物開発センター 木内里美・小方隆史・猪狩友希
●損傷毛を改善するための特異的な酸の組み合わせ
 …日本ロレアル リサーチ&イノベーションセンター リー アイザック エンティン・渋谷宜己・中尾好子・ケーゼル・アドリヤン,同社 高輝度光科学研究センター 関口博史,L’Oréal Research and Innovation バグダディ・ナウェル
●液体皮膚洗浄料の開発とその有用性
 …小林製薬 ビューティーケア研究開発グループ 山本航平、横浜国立大学 大矢 勝
●イオン導入併用による顔面の毛穴及び赤みに対する2-O-グリセリル-3-O-オクチルアスコルビン酸(GO-VC)の作用
 …アイ・ティー・オー 野村 剛・永田 武,ひさのクリニック 久野 文,クリニックモリ 森 文子
●皮膚ゾンビ細胞の除去素材(セノリティクス)とそのメカニズム
 …香栄興業 技術部 中西 智洋・金澤 奈奈江
●植物由来ロウエステルの様々な効果―サンケア・ヘアケア処方への応用
 …高級アルコール工業 苔口由貴・花田奈緒美
●天然多糖LEVANの化粧品への応用
 …日光ケミカルズ 木村和之
●低刺激性リゾホスファチジン酸含有リン脂質素材による皮膚バリア機能改善と毛穴目立ち抑制効果
 …日本精化 香粧品研究開発部 小林瑞貴・戸田菜月・栗原浩司・清水 透
●プロテアソームとオートファジーを活性化することでリポフスチンの蓄積を抑制し,肌の透明感を向上させるジュニパーベリーエキスの開発
 …一丸ファルコス 坂元孝太郎
●ハス胚芽エキスは破綻したプロテオスタシスを正常化することで老化線維芽細胞を若返らせる
 …高知大学 教育研究部総合科学系複合領域科学部門 町原加代・難波卓司,丸善製薬 岩橋弘恭
●天然多糖LEVANの化粧品への応用
 …日光ケミカルズ マテリアル開発研究所 木村和之
●2種類の多糖脂肪酸エステル併用のSPF上昇効果について
 …岩瀬コスファ 研究開発部 劉 海静・岩崎敬子・菰口剛志
●ボディウォッシュのすすぎ時の動的皮膚摩擦評価システム
 …アシュランドLLC 上海テクニカルセンター Yueming Jiang・Yuanyuan Yin・Xin Qu,アシュランド・ジャパン 化粧品原料事業部 森田裕子

〔日々粧進〕
〇肌の健康を守る
 …小田泌尿器科 皮膚科医 小田富美子

〔新原料〕
〇ゴマ由来のアップサイクル成分「SESAQUA®(セサキュア)」(成和化成)
〇人工知能による化粧効果の深化 新製品開発における新規評価方法
「Argireline® YOUth peptide(アルジレリン・ユース・ペプチド)」(日本ルーブリゾール)
〇有機溶媒フリーかつ,処方中で結晶化しない水溶性ビオチン「WS Biotin」(DKSHジャパン)

〔最新研究〕
〇タイにおける広告と日系企業の戦略
 …国際ファッション専門職大学 平松隆円

〔翻訳〕
〇泡立てるとスキンクリームの塗布性,浸透性は高まる
 …Kinematica Lea Meier-Pokorny, Ph.D.

〔対談・interview〕
〇化粧品産業ビジョンと今後の国際競争力強化に向けて
 …ソフィアリンクス 代表取締役 三原誠史氏 × 経済産業省 堀部敦子氏

〔連載〕
〇中国市場に挑む(73):危の後に「機」がある
 …日中化粧品国際交流協会 理事長 楊 建中
〇ジャパンレポートダイジェスト(5):SDGs環境問題低評価の日本ー2030年目標達成のために企業が取り組むべきサステナブルなパッケージと企業活動とは(ミンテル ジャパン)
〇アジアの化粧品行政の潮流(7):フィリピン化粧品市場への戦略ー経済成長が続く1億人市場に挑む成功への道
 …ワールドワイド・アイピー・コンサルティングジャパン 清水鼓由季・Arum Baasithu・Chavisa Chavananont

関連記事

  1. FRAGRANCE JOURNAL 2018/4月号

  2. FRAGRANCE JOURNAL 2022/2月号

  3. FRAGRANCE JOURNAL 2004/10月号

  4. FRAGRANCE JOURNAL 2001/5月号

  5. FRAGRANCE JOURNAL 2004/1月号

  6. FRAGRANCE JOURNAL 2000/4月号